沖縄県名護市辺野古への新基地建設に反対する市民ら約100人は5日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で工事に抗議する座り込みを続けた。工事車両の出入りや大浦湾での大きな作業は確認されていない。

横断幕を使って作られた落とし穴=5日午前10時半前、名護市辺野古

横断幕を使って作られた落とし穴

横断幕を使って作られた落とし穴=5日午前10時半前、名護市辺野古 横断幕を使って作られた落とし穴

 シュワブと隣接する辺野古の浜では同日午前、工事に反対する市民らが作った横断幕を使った落とし穴が見つかった。穴は直径約70センチ、深さ約70センチ。穴の上に横断幕を張り、その上に砂をかぶせて見えにくくしていた。市民らによると、横断幕が悪用されたのは初めてで「けがにつながる危険性がある。イタズラにしては悪質だ」と批判した。