【北京共同】新華社電によると、中国の習近平国家主席は14日、ソウルから北京入りしたポンペオ米国務長官と会談し、米朝首脳会談について「朝鮮半島の核問題を政治的に解決するプロセスの重要な一歩」と評価し、祝意を表明した。習氏が米朝首脳会談後に公に発言するのは初めて。

 会談を前に握手するポンペオ米国務長官(左)と中国の王毅国務委員兼外相=14日、北京の人民大会堂(共同)

 中国の習近平国家主席(右)と会談するポンペオ米国務長官=14日、北京の人民大会堂(共同)

 会談を前に握手するポンペオ米国務長官(左)と中国の王毅国務委員兼外相=14日、北京の人民大会堂(共同)  中国の習近平国家主席(右)と会談するポンペオ米国務長官=14日、北京の人民大会堂(共同)

 習氏は「朝鮮半島問題は複雑で、解決しようとすれば必ず順序を追って進めるプロセスになる」と述べ、非核化の行動ごとに北朝鮮が見返りを得られる「段階的措置」を支持する立場を示した。

 これに先立ち、ポンペオ氏は王毅国務委員兼外相と会談。北朝鮮の非核化をできる限り早期に達成することで合意したと明らかにした。(共同通信)