静岡県立静岡がんセンターは14日、抗がん剤治療を受けていた60代の男性患者が肝機能障害を起こしたのに気付かず、症状が悪化し昨年9月に死亡したと発表した。血液検査の結果を見逃していたという。(共同通信)