県中小企業団体中央会長に副会長を務めていた島袋武氏が就任した。県内は人口と観光客の増加、旺盛な建設需要などで好景気が続く。一方、県内大手の事業拡大や、県外企業の参入で競争は激化。人材も奪い合う状況となっており、中小企業にとって好景気の実感は乏しい。中央会は、中小企業をどう支え、発展させていくのか−。