池原優子の絵画展「Flow−er2018」がリウボウ7階美術サロンで18日まで開かれている。自らの心象を幻想的ではかなく描いた抽象画と、透明水彩で身近な花を写実的に描いた作品の計約80点が展示されている。 長年の制作で自らに課すようになっていた表現の制約を取り払う心境に至ったという池原。