【那覇】日本の現代詩をリードする詩人吉増剛造さんの大規模な個展が開かれている県立博物館・美術館で、吉増さんと音楽家の大友良英さんが10日、言葉と音のワークショップを開いた。県内の小中学生ら30人が参加、珍しい手法などで生まれてくる多様な音に触れ、表現する楽しさを共有した。