米国が発動した鉄鋼輸入制限を巡って欧州連合(EU)が世界貿易機関(WTO)に設置を求めている2国間協議に、日本政府が第三国としての参加を要請したことが14日分かった。日本は輸入制限に反対する立場からEUと「共闘」する姿勢を示し、自動車の輸入制限も検討するなど保護主義的な性格を強めるトランプ米政権をけん制する狙いがありそうだ。

 8日付でWTOに参加意向を通知した。米国が認めれば日本も参加できる見通しで、米欧の議論を傍聴して情報収集することが可能になる。(共同通信)