【マカオ共同】マカオなどでカジノを運営する「メルコリゾーツ&エンターテインメント」のローレンス・ホー最高経営責任者(CEO)は14日、日本メディアとマカオで会見し、日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業参入に関して「マカオや(米西部)ラスベガス以上のものをつくりたい」として100億ドル(約1兆1千億円)以上の投資をする準備があると述べた。

 日本政府はIR整備法案に重点を置き、与党は今国会での成立を目指している。最大3カ所の整備区域は国が認定するが、ホー氏は訪日外国人客が多い「関東や関西圏などの大都市」への投資を最優先にする考えを表明した。(共同通信)