JR西日本によると、のぞみの運転士はドンという異常音に気付いたが、過去に運転する列車が小動物に当たった経験から、今回も同様の衝撃音と考え、運行を継続したという。(共同通信)