2018年(平成30年) 6月21日

沖縄タイムス+プラス ニュース

米軍、沖縄県の抗議受け入れず 「こんな対応は初めて」 F15墜落で異例の事態

 米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が墜落した問題で、米軍が沖縄県の抗議申し入れを受け入れていないことが分かった。14日の県議会米軍基地関係特別委員会(仲宗根悟委員長)で池田竹州知事公室長が明らかにした。県基地対策課は「こうした対応は初めて」としており、直接抗議できない異例の状況になっている。

海上に墜落した米軍嘉手納基地所属・F15戦闘機の同型機

 池田氏は「嘉手納基地へ抗議を申し入れているが『国を通してほしい』と言われている」と説明した。照屋守之氏(沖縄・自民)への答弁。

 県によると、事故当日の11日、嘉手納基地第18航空団に県庁に来るよう要請し、できなければ抗議する場を設けてほしいと求めた。これに対し米軍は「沖縄防衛局を通してほしい」と断ったという。これまで、米軍が県の来庁要請に応じず、県が抗議に出向くことはあったが、抗議自体できないことはなかったという。

 県幹部は「抗議先はあくまでも18航空団。初めてのことで戸惑っている」と困惑している。

 一方、嘉手納町議会(徳里直樹議長)も12日に可決したF22ステルス戦闘機暫定配備など3件の抗議決議を米軍に渡そうとしたが、米側から防衛局を通すよう伝えられたという。18航空団は昨年12月と今年1月にも嘉手納町議会の抗議決議受け取りを拒否し、議会が批判していた。

 (2018年6月15日午後0時20分追記)米軍「県が来るなら」抗議受け入れへ 沖縄F15墜落

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間