米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が墜落した問題で、米軍が県の抗議申し入れを受け入れていないことが分かった。14日の県議会米軍基地関係特別委員会(仲宗根悟委員長)で池田竹州知事公室長が明らかにした。県基地対策課は「こうした対応は初めて」としており、直接抗議できない異例の状況になっている。