米空軍嘉手納基地の第18航空団がF15戦闘機墜落に対する県の抗議を回避している。抗議は米軍の駐留により発生する事件・事故への不安や不信を伝え、現実的な改善を求める重要な地元の声だ。