名護市辺野古の新基地建設に関連する希少なサンゴを巡り、県は14日、沖縄防衛局に対し、「ヒメサンゴ」の試験研究計画内容には疑義があり、妥当性が判断できないとして再度、環境監視等委員会の指導・助言を得た上で計画を再考するよう求める文書を出した。疑義が解消できない場合は、移植に必要な申請を許可しない考え。