沖縄渇水対策連絡協議会(渇水協)が県民に節水の呼び掛けを始めた。ダムを管理する沖縄総合事務局や県企業局、県や市町村が参加する協議会で、節水喚起は2009年以来9年ぶり。今年3月から続く少雨の深刻さを物語っている。 県も8年8カ月ぶりに県庁内の渇水対策本部会議を開催。