県内で活動する役者、秋山ひとみによる企画公演「私と私をつなぐ月」(山田享楽脚本、秋山演出)が2、3日に那覇市のわが街の小劇場であった=写真。母と娘の対立と和解を女性4人が表現。普遍的なテーマを重層的に構成し、それぞれが複数の役で個性的な人物を演じ分けた。涙と笑いが程よくちりばめられた舞台だった。