【伊江】5月26〜29日に県総合運動公園陸上競技場であった県高校総体の陸上競技で、村出身の9人が好成績を収め、南九州総体への切符をつかんだ。やり投げで自己ベストの43メートル86を記録した那覇西高3年の大城紗也さん、砲丸投げで同1年の小波津まなかさんがそれぞれ優勝した。