【名護】米軍キャンプ・シュワブゲート前では14日、辺野古新基地建設に反対する市民約80人が雨の中、かっぱ姿で座り込んだ。 基地建設の賛否を問う県民投票の署名活動が始まった一方、ゲート前では一日も早い埋め立て承認撤回を求める声が強くある。