台風6号は、15日午後6時現在、与那国島の南南西約110キロの位置にあって、時速20キロで北東へ進んでいる。台風は今後与那国島の南海上をやや発達しながら北東に進み、15日は先島諸島に、16日は沖縄本島地方に接近する見込み。沖縄気象台は土砂災害、河川の増水、氾濫に警戒するよう呼び掛けている。

台風6号(15日18時現在、気象庁HPから)

 中心気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心の南東側390キロ以内と北西側170キロ以内では、風速15メートル以上の強い風が吹いている。