沖縄県名護市のローソン名護高校前店の副店長、津嘉山隆太さん(27)が架空請求詐欺の被害に遭いそうになった70代男性を、機転を利かせて救った。男性がメモ書きした電話番号をインターネットで検索し、詐欺と見破った。「専門学校時代、不審な番号はネットで調べるよう先生から教わった」と津嘉山さん。すぐに使える実践方法として勧めた。

架空請求詐欺を防ぎ、山田署長(右)から感謝状を贈られた津嘉山隆太さん=15日、名護署

 6日、70代男性の携帯電話にダイレクトメールで「有料動画の未納料金がある」との通知があった。電話をかけると、先方から最寄りのコンビニに現金5万円を持って行き、アマゾンギフト券を購入するよう指示を受けたという。

 来店した男性がメモした会社名と担当者名、電話番号を不審に思った津嘉山さんがネットで検索すると、架空請求詐欺でよく使われている番号と一致し、詐欺と気付いて被害を防いだ。

 津嘉山さんはコンビニ勤務5年目。「こんなケースは初めて。店内放送でもお客さんに注意喚起をしていたので、意識はしていた。一声で防げたのは良かった」と話した。

 15日、津嘉山さんに感謝状を贈った名護署の山田聡署長は「普段から特殊詐欺に関心があり、しっかり対応したから防げた。これからも協力をお願いしたい」と感謝した。

 5月末現在、県内で12件、被害総額528万円の特殊詐欺事件が発生している。うち11件が架空請求事案。