台風6号(ケーミー)は16日午前6時現在、那覇市の西約140キロを時速30キロで東北東に進んでいる。沖縄本島地方は16日夕方にかけて、奄美地方には16日夜遅くから17日昼前にかけて最も接近する見込み。

台風6号の進路予想図(気象庁HPより)

 中心の気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、中心の南東側390キロと北西側220キロ以内で風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 沖縄本島地方では降り始め(13日正午)からの雨量が340ミリを超えており、土砂災害の危険度が高まっている所がある。台風や前線の影響で本島地方や奄美地方では大気の状態が非常に不安定となっており、17日昼前にかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨による災害が発生するおそれがある。

 17日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で200ミリの見込み。大雨による土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要。

 台風は勢力を保ったまま12時間後の16日午後6時には那覇市の北北東約120キロの北緯27度05分、東経128度20分を中心とする半径70キロの円内に達し、24時間後の17日午前6時には奄美大島の東南東約40キロに達する見込み。

 13日正午から16日午前4時までの総降水量は、国頭村奥で340ミリ、国頭村比地で242・5ミリ、伊是名村内花で238ミリを観測した。