9月16日に引退する歌手・安室奈美恵さん(40)を応援しようと、浦添市の飲食店「あがり家」で16日、ファン約20人が集まり、あふれる“安室ちゃん愛”を語り明かした。

「引退の日まで応援し続けよう」と集まった安室奈美恵さんのファン=16日、浦添市・あがり家(古謝克公撮影)

 同店は4月から毎月16日を「安室奈美恵Day」に設定。BGMも安室さんの曲一色になる。ファンは、曲名にちなんだ酎ハイ「愛してマスカットハイ」や本土から取り寄せた限定泡盛ボトル「安室」を飲み、曲を大合唱し、「安室コール」で一体感を高めた。

 ファン歴15年の同店スタッフ、末吉シイ乃さん(32)が「ファンである幸せを伝えたい」と企画。オーナーの親富祖聡さん(47)は「みんな生き生きとしている。やって良かった」と笑顔を浮かべた。

 安室さんは生きがいと語る那覇市の野國愛合あいりさん(25)は「歌で勇気と希望を与えてくれた」と感謝。宜野湾市の山城要さん(42)は「曲を懐メロにはしない。引退後もカラオケで歌い続ける」と話した。

 ファンイベントは要予約。電話098(877)2430。