自治労県本部(稲福弘執行委員長)は15日、那覇市内で執行委員会を開き、名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票に協力することを全会一致で決めた。本紙の調べでは、連合に加盟する労組で、協力を組織決定するのは初めて。同本部は58単組、約1万2千人が加入している。