県が8月の名護市辺野古での土砂投入の対抗策として検討する工事の中止命令は、翁長雄志知事の最大の権限である埋め立て承認撤回に向けた、緊急的な措置として位置付けられる。