一般住宅に旅行者らを有料で泊める「民泊」のルールを定めた住宅宿泊事業法(民泊新法)が15日、施行された。県や那覇市も民泊の営業地域や日数を制限する条例を施行。同日までに県内では183件の届け出があり、そのうち88件が受理された。