福岡県内で14日に起きた山陽新幹線のぞみ176号の人身事故で、JR西日本の平野賀久副社長らが15日、大阪市の本社で記者会見し、運転士が異常音を聞きながら、運転指令に報告していなかったことを明らかにした。 平野副社長は「報告義務を定めたマニュアルを失念していたか誤解していた」との認識を示した。