沖縄防衛局が名護市辺野古の新基地建設を進める埋め立て予定海域内で、同局が未確認としている二つの大型サンゴが存在する可能性が高いことが16日、朝日新聞社の航空写真で分かった。