東村で8人きょうだいの四男として生まれた。父は軍属として、台湾などで現地の日本軍に食料を輸送していた。母は農業をしていたが、栄養失調で戦後、57歳で亡くなった。長男は大阪の軍需工場に出稼ぎに行って、次男は東風平(現・八重瀬町)で陸軍の衛生兵をしていたが、戦争中に22歳で亡くなった。