23日の慰霊の日を前に、戦時中に米軍の攻撃を受けて沈没した船の犠牲者を慰霊する、那覇市の旭ケ丘公園内の「海鳴りの像」のお清めが16日あった。 海鳴りの像には、戦時中に疎開船や南洋からの引き揚げ船などに乗り、犠牲となった県内の1949人がまつられている。