【東京】「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワークは16日、東京・大田区消費者生活センターで情報交換会を開いた。県の調査に携わる沖縄大学の山野良一教授は、県内の1歳児がいる二人親世帯で「過労死ラインで働く父親は25%近くに及ぶ」と報告した。