今年で8回目の出演となる「宜野湾継踊結の会」は、県民踊研究会の仲本興眞会長に勧められ、2006年に設立した。20人の精鋭たちによる演舞は、見本になる。結の会の渡慶次末子代表(75)は「いつもの練習の成果を発揮しながら、楽しく踊りたい」とほほ笑む。 月2回、各2時間の練習で腕を磨く。