【沖縄】沖縄市議会(普久原朝健議長)は18日の6月定例会で、米軍嘉手納基地所属F15戦闘機の墜落に関する抗議決議案と意見書案を全会一致で可決した。墜落原因の究明と公表がされるまでの飛行を禁止することなどを求めている。