18歳以下の若年妊産婦を対象にした支援センターが、沖縄市の県助産師会母子未来センター内に近く開設される。市が内閣府の「沖縄子供の貧困緊急対策事業」を活用し準備を進めるもので、県内では初の施設となる。