輸入家具販売や通関業務を手掛けるC&D(上地力社長)が1日付で沖縄地区税関から、外国貨物を置くことができる「保税蔵置場」の許可を受け、営業を始めている。 許可を受けたのはうるま市にある同社の倉庫の屋内約1044平方メートルと、周辺の約467平方メートル。