県中小企業団体中央会(島袋武会長)が18日発表した5月の業界別景況動向は、全業種(22業種)の業況判断指数(DI)が前月と同じマイナス4・5だった。自動車卸売業などで売り上げが増え、非製造業が前月から改善したが、製造業のめん類製造業、ガラス製品製造業などが伸び悩み悪化した。