JAおきなわ(大城勉理事長)は18日、2018年のマンゴー出荷量の見通しを発表した。JAが取り扱う共選マンゴー(アーウィン種)は前年比27%減の500トンで、183トンの減少を予測する。