沖縄県警は19日、条例で禁止された区域内で暴力団事務所を開設・運営したとして、総長(70)と、幹部や構成員の男計9人を県暴力団排除条例違反(事務所の開設及び運営の禁止)の疑いで逮捕した。調べに「事務所ではなく、飲食する場所」などと容疑を否認しているという。県警によると、2011年の施行以来、条例適用での逮捕者は初めて。

(資料写真)パトカー

 逮捕容疑は15年11月から今月上旬までの間、那覇市内にあるアパートの1階で事務所を開設・運営した疑い。県警によると、居酒屋の看板が掲げられているが、営業実態はないという。

 暴排条例は、学校や図書館などの施設から200メートル以内で事務所を開設・運営することを禁じている。事務所とみられるアパートの近くには、小学校や児童施設があるという。

 県警は数年にわたり内偵捜査を実施。約10年前から出入りがあったとみて、関係者から事情を聴き、捜査を進める方針。