中城村のうえむら病院(上村哲院長)は19日、沖縄タイムス社が創設した沖縄こども未来プロジェクト本部(代表・豊平良孝沖縄タイムス社長)に100万円を寄付した。上村院長は「ぜひ子どもたちのために役立ててほしい」と話した。

病院で生まれた赤ちゃんを背に沖縄タイムスの豊平社長(左)に100万円を寄付する上村院長=19日、中城村・うえむら病院

 同日、病院で開かれたセレモニーには上村院長や上村美由喜理事、上原学事務長らが出席。上村美由喜理事は「沖縄の子どもたちが貧困から抜け出して、自立できる子が増えてほしい。子どもたちの教育環境をつくっていってほしい」と期待した。

 豊平社長は「沖縄は1人当たりの県民所得が復帰後から最下位の状況が続いている。このプロジェクトが少しずつ浸透して、沖縄全体の発展につながってほしい」と話した。同病院は昨年も同プロジェクトに100万円を寄付している。