【宮古島】宮古島観光協会(豊見山健児会長)は3日、宮古島市下地の与那覇前浜ビーチで海開きを行った。石垣出身のユニット「きいやま商店」とミス宮古島が海開きを宣言し、豊見山会長や下地敏彦市長、大城辰男宮古島署長らがテープカット。解禁を待ちわびた子どもたちが一斉に海に飛び出し、初泳ぎを楽しんだ。

待ちに待った海開きで水遊びを楽しむ子どもたち=3日、与那覇前浜ビーチ

 垣花恋捺(こなつ)ちゃん(5)=市平良東仲宗根=は「冷たいけれど気持ちいい」と大はしゃぎ。毎年、海開きの日に祖父宅に遊びに来ているという浦添市の川上吉郎君(10)=内間小5年=は「きょうが待ち遠しかった。魚を捕ったり、泳いだりして遊びたい」と満喫していた。