沖縄県手話言語条例が4月1日から施行された。手話を言語とみなすことを目的とし、2013年の鳥取県を皮切りに各地で制定が相次いでいる。条例制定にはどんな意味があるのか、県聴覚障害者協会理事の比嘉豪さんに聞いた。手話通訳は宮平絹江さん。(聞き手=整理部・黒島美奈子) -なぜ今、条例制定が必要なのですか。