北海道大は20日、芦別市で2016年に見つかった恐竜の化石について、ティラノサウルス類の尾椎骨(尻尾の骨)の可能性が高いと発表した。原始的な種を含むティラノサウルス類は、進化の過程で全長3メートルから12メートルほどに巨大化したと考えられている。今回の化石は大きくなる途上の中型恐竜とみられ、研究者は「巨大化のメカニズムを解明する上で重要な資料」と期待している。

 ティラノサウルス類の骨格図と発見された化石((C)増川玄哉氏)

 北大の小林快次准教授によると、化石は長さ約9センチで、愛好家の男性が8980万~8630万年前の白亜紀後期の地層から見つけた。(共同通信)