沖縄県宮古島への陸上自衛隊駐屯地の配備計画で、沖縄防衛局が建設許可を得るため宮古島市に提出していた協議書を取り下げたのを受け、下地敏彦市長は7日、市役所で会見した。「(防衛局から)地下水に影響のない形の配置にしたい。もう一回再検討したいと、取り下げの申し出があった」と取り下げ理由を説明した。

陸自駐屯地の配備計画で、沖縄防衛局による協議書取り下げの経緯を説明する下地敏彦宮古島市長(左)=7日、市役所

 建設候補地の福山自治会や市民団体が求めている、審議内容の公表については「審議会が決定すれば公表する」との市議会答弁を引き合いに、協議書の取り下げで審議ができなくなった現段階では「公表できない」と強調。「新たに防衛局が修正の図面を出してきたときに、もう一回審議会を開き、学術部会で検討してもらう。審議会が決定すれば公表する」とした。

 審議会の諮問機関の学術部会の審議状況については「作業報告の取りまとめをしている段階だったが、取り下げで最終的な結論は整理されていない」とし、結論を出さずに作業は中断したとした。