沖縄総合事務局は19日、県内の2017年産サトウキビの収穫面積が前年比7%増の1万3800ヘクタールだったと発表した。県などが推進してきた株出し栽培の面積が増えた。10アール当たりの収量は23%減の5570キロ。