「慰霊の日」にちなんだ県内各地の資料館の沖縄戦展示で、今年は女性や子どもをテーマにした企画が目立つ。夫や父親が徴兵された後、残された女性や子どもたちが、どのように戦時体制に巻き込まれ、地上戦の中を生き延びようとしたのかを証言や資料を通して伝える。