障がいのある子どものための放課後等児童デイサービスを運営するNPO交流広場ハッピーハウス(宜野湾市)の保護者勉強会がこのほど、宜野湾市内であった。就職支援コーディネーターの翁長克さんが講演し「家庭は最も身近な支援機関。子どものできることを見つけて、社会に出る力を伸ばしてほしい」と呼び掛けた。