【東京】初めてのやんばる羽地親睦会が17日、東京・神保町の喜山倶楽部で開かれた。東京南燈同窓会の宮城正会長は、親睦会をやんばる全体に広げていくとし「3年後にはやんばる郷友会を立ち上げていきたい」と意欲を示した。 名護市の羽地地区出身者ら約60人が集まった。