法人や個人から寄せられた支援金を子どもの貧困解消に役立てる「沖縄こども未来プロジェクト」本部(代表・豊平良孝沖縄タイムス社長)は18日、2018年度第1次支援先の2団体を決定した。

 支援先はNPO法人こども家庭リソースセンター沖縄、なはっ子児童クラブ。総額90万円を贈る。

 同プロジェクト運営委員会(山内優子委員長)が、応募11団体から選考した。 プロジェクトはこれまで21団体に859万9千円、入学応援給付金として小学生306人、中学生350人に2383万6千円の計3243万5千円を支援している。