琉球銀行(川上康頭取)は20日、クレジットカードやスマートフォンで決済できる飲食店や宿泊施設を増やそうと、座間味村観光協会(会長・宮里哲座間味村長)と提携した。観光協会は、座間味島、阿嘉島、慶留間島の約100事業所を対象に決済端末機の導入を呼び掛ける。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。