【名護】8日午前9時20分ごろ、沖縄県名護市の米軍キャンプ・シュワブゲート前では、新基地建設に反対する市民らが朝の抗議活動を始めた。嘉手納基地周辺で高濃度のフッ素化合物が検出された問題で、沖縄防衛局が米軍に対し、県の要請文をずさんな英訳で提出した本紙報道が報告された。市民は「沖縄の声が米側に届いていないことになる。国の対応を追及する必要がある」などと訴えた。

新基地建設に反対し、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ新ゲート前で抗議の拳を上げる市民ら=8日午前9時半ごろ

 また、抗議船3隻とカヌー9艇が辺野古沖に繰り出し、工事が行われていないか監視している。