受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案を審議した衆院厚生労働委員会で、がん患者が参考人として発言した際に、自民党の委員が「いいかげんにしろ」などとやじを飛ばしたとして、患者団体が反発していることが21日、分かった。

 穴見陽一衆院議員

 患者団体によると、やじを飛ばしたとされる委員は穴見陽一氏(48)。15日の委員会で、日本肺がん患者連絡会代表の長谷川一男さんが、屋外の喫煙場所について「なるべく吸ってほしくないが、喫煙者にとって吸う場所がないと困るという気持ちも分かる」と話した際に、やじがあった。

 穴見氏は大分1区選出で、ファミリーレストラン「ジョイフル」代表取締役相談役。(共同通信)