市摩文仁の沖縄平和祈念堂ができて40年来、沖縄平和祈念像の拭き清めや点検に関わる。画家、彫刻家の山田真山氏の制作にも携わった。15日に拭き清めた際は、漆芸品である像に漆を塗り込む補修が「10年に1度が目安で、そろそろ必要。来年度にも取り組めたら」と考える。 「真山先生は90歳を過ぎても創作を続けた。